真性包茎とカントン包茎で考えられる問題

包茎であることのデメリットとしてよく語られるのは、恥垢による悪臭、包皮が覆っていることであらゆる菌が繁殖すること、それらがセックスのときに女性に影響を与えることが多いですが、もっと深く掘り下げていくといろんなデメリットが生じることがわかります。
仮性包茎であれば、さほど問題になることは少なく、あまり気にしないで良いですが、真性包茎やカントン包茎となると新たな問題が生じます。

真性包茎とカントン包茎の問題

真性包茎の場合は性的刺激を受けたとしても、常に包皮に覆われている状況になりますので、恥垢が溜まりやすく、雑菌や性病にまつわる菌やウイルスが増殖しやすい環境になります。
カントン包茎は包皮の先が狭いことで、無理に剥くとそのまま戻らなくなったり、亀頭が腫れてしまうこともあります。
日常生活が困難になるほどの痛みを生じることもカントン包茎の特徴です。


セックスをしたときの弊害

性的刺激を受けて勃起し、亀頭が露出する仮性包茎の場合は普通にセックスができますが、真性包茎やカントン包茎の場合難しくなることがあります。
女性は固くなった亀頭と陰茎が膣に入ることで快感を得ますが、包皮によって亀頭が覆われている状態であれば、快感を得られにくくなります。

あと子作りの時も包皮に覆われている状態であれば、精液がうまく膣内に放出されなくなり、包皮の中に留まってしまうことがあります。
そのようなことになると、家族計画まで支障をきたすことになるでしょう。

それぞれに合った施術がある

いろんな包茎手術がありますが、真性包茎とカントン包茎は余っている皮を切除するのが一般的な手術です。
縫合で固定したり、医療用接着剤で固定する方法もありますが、真性包茎やカントン包茎には向いていませんので、切除手術を選択することをおすすめします。

すべてを括って包茎というのは楽ですが、個人それぞれの包茎があり、それに適した改善方法を選ぶことが大切です。
仮性包茎だと思っていたけれど、実は軽度のカントン包茎であることも考えられます。

関連記事:

    None Found