デザインと感度の問題

なるたけ手術跡を見せたくない人の方が多いです。
それは包茎であっても同じであり、特にコンプレックスなる包茎はそれを排除したことのしるしとなります。
それは以前包茎であったことの証となり、「包茎手術をした人だ」というのがコンプレックスになることもあります。
仕上がりを考えることも大切です。
またそれと同時に感度にも言及しておきましょう。


手術跡が目立たなくなる手術を

包茎手術を専門に扱うクリニックが良く使う手術の手法は、亀頭直下埋没法です。
これは一般的に使われている環状切開と呼ばれる亀頭を露出してあまった皮を切除しそれを縫合する手術の応用です。
環状切除は切除と縫合した部分の色が異なることで、ツートンカラーとして、明らかに何らかの細工をしたと見えることがデメリットになります。
亀頭直下埋没法は亀頭下カリの部分で縫合をしますので、自然に剥けるようになります。
包茎専門クリニックや美容クリニックは、この手法で目立ちにくくする手術を行っています。

値段に惑わされない

保険診療ができませんので、安い値段を求めようとする人が多いです。
また近くに包茎専門のクリニックがないことで、近くのなんでもしてくれるクリニックで手術を受ける人もいます。
そのような受け方をすると後悔することも多いのが包茎です。
また値段もお手頃になっていますので、釣られやすいです。
値段は明瞭にしているクリニックを選ぶべきで、そして包茎を専門にしているクリニックほどその傾向が高いです。
あとからいろいろオプションとして付けられて最終的に大きな費用になる悪質なクリニックもあります。
安いのではなく、料金が明瞭なクリニックを選んでください。

感度の問題について

通称裏スジと呼ばれる男性の性感帯がありますが、手術のときにこれを残さないと、感度が良いセックスができなくなることがあります。
通常であれば、そこは残し、カウンセリング時もそのことについて説明があります。
残すことを優先的に考えてください。
仕上がりと感度を求めて包茎手術を受けるようにしましょう。