2種類の包茎手術

切開して余った皮を取り除くのが一般的な包茎手術になりますが、それ以外にも改善方法があります。
メスを使わない、縫合をしない手術方法もできます。
ただ包茎の種類によってできる人とそうではない人が限られますので、その点も見て事前に知識を深めておくことをおすすめします。

あらゆる包茎に対応できる切除手術

一般的に多用されている包茎手術として環状切開があります。
亀頭を露出し、余った皮を切除して縫い合わせる方法です。
それを応用したのが亀頭直下埋没法です。
カリの下で縫合されることから手術跡は目立ちにくくなります。
一方環状切開はツートンカラーになることが失敗であり、腕の悪い医師であれば手術跡が目立つようになります。
切除する手術は、仮性包茎以外の真性包茎とカントン包茎にも使うことができますので、もっともポピュラーな手術です。


一部の包茎しか推奨されない固定型の手術

手術というよりも処置の感覚で行うことができます。
メスを使わずに縫合だけで固定するナチュラルピーリング法は、包茎改善の癖をつけるのに良い方法です。
ただ癖がつかないで元に戻ることもあり、真性やカントンの人には向いていない処置です。
他にあるのは医療用接着剤を使った根元固定法です。
メスも使わず縫合もいりませんので、身体への負担が最も少ない処置になるでしょう。
この場合も包茎手術しか向いていませんので、真性やカントンの男性はやはり切除型の手術を選ぶことが推奨されています。

切開手術でもいろいろある

切開手術も他に種類があり、バックカット法は簡単な手術です。
亀頭を露出させて陰茎の背面を切除し縫合します。
あらゆる包茎に対応することができ、切開はしますが切除をしませんので時間も短時間に済みます。
子供でも受けやすい手術です。
また複合曲線作図法はデザイン型の手術です。
仕上がり状態を重視したい人が選びたい手術方法になります。
最終決断は医師がすることになりますが、事前に種類があることを知っておくと、医師にも希望を伝えることができ、有意義なカウンセリングができるはずです。